演劇「The Firefighters 〜消防士物語〜」


(※英語公演時の動画です。)


あらすじ

2013年、アメリカのニューヨークに留学中の大学生茉莉亜(まりあ)は、日本から訪ねてきた叔母の梨恵(りえ)と共に、ワールド・トレード・センターを訪れる。センターの近くに建つ教会へ向かった二人は、あるモニュメントの前で足を止める。そこには12年前にこの地でおきた大規模テロ事件で命を落とした多くの消防士たちの残した遺品が飾られていた・・・。



作品について

悲しみを乗り越えて

世界中が震撼したアメリカ同時多発テロ事件。
それは、けっして他人事ではなく、私たち日本人にも深い衝撃と悲しい記憶を刻みました。
2012年に私たちは、救出活動の拠点になったニューヨークのセントポール教会を訪れました。そこには、殉職された消防士の方々の遺品が保管されていました。その使命に誇りを持って、職務を全うした勇敢な男たち。その無念さ、残された遺族の悲しみ。彼らに対する深い哀悼の思いを込めて、この作品を制作しました。


平和への願い

この作品の設定やストーリーは、まったくの創作によるものです。ある人物を犯人として設定していますが、特定の宗教を庇護するものではなく、また、非難するものでもありません。大切なことは、凶悪なテロに対する憎しみをさらに増強することではなく、愛する家族を失う悲しみは、どんな国の人であっても、等しく同じであるということ。その視点に立ったならば、このような悲しい出来事は二度と起こらなくなるはずだということを、この作品を通して、伝えてゆきたいと考えています。


違いを越えて

今もなお、世界各地で戦争やテロ事件などが起き続けています。それは遠い国の出来事だから、と無関心でいられるでしょうか?子供たちにどんな未来を託しますか?互いに争い合うことではなく、人種、文化、宗教の違いを越えて、同じ地球に生きる仲間として、互いに尊重し、手をつなぎ合うこと。それこそが私たちが選び取るべき、地球の未来ではないでしょうか。









人物相関図

...
...